Skip to Content Skip to Navigation

Susan Osborn: 日本語

スーザン・オズボーンの最新ニュースは公式facebookページにてご覧ください

2015年11月来日スケジュール掲載

https://www.facebook.com/susanosbornjapan?ref=aymt_homepage_panel

スーザンの究極ベストとも言うべき16曲入りCDが2013/4/17発売されます

「ベスト・コレクション|アメイジング・グレイス」

ポニーキャニオン 品番PCCY-91956 ¥2,000 

詳細は下の「アマゾン」をclickしてご覧ください

- アマゾン (Apr 17, 2013)
ボイス・ワークショップ SILENCE & SONG
歌を歌うということは奥深くから沸きあがる人間の本能に近い創造的な行為といえます。人間の「感情の消化器官」の重要な一部で、人間としての構造の奥深くに複雑に織り込まれた贈り物とでもいえましょうか。長い時間と共に、自然や自分自身からも切り離されてしまった人間は、歌を歌うことを課外的な娯楽として、自らを表現することである歌うことを専門家に任せてしまいました。このレッスンは、もともとの力と歌うことの目的を再認識するため、ご一緒に考えて見たいと思います。

 歌詞をつけずに呼吸と共に歌うという道程は、ため息の音、そして歌と続き、感情のエネルギーと共に清涼感と一体感のある場所へといざなってくれます。それこそが、本当の自然との再会といえるのです。
 
 歌うことで、自身の中心を捕らえ、本当の自分とつながり、それが美しさと真実を創造し、人々と分かち合うことが出来るのです。歌うことは魂の直接の言葉で、才能のあるなしにかかわらず、誰にでも備わっているものなのです。歌は、言葉をこえて、人から人へ伝わる普遍的なコミュニケーションといえます。

 このワークの主な活動(フォーカス)は「思いやりのある立会いの力」です。どのように自身を聞き、お互いを聞くか。歌が終わると、沈黙の中に身をおきます。感情の本質を確かめ、どのように声に影響をあたえ、声を作っていくか、歌が感情的、身体的、精神的健康に強く影響するということも体験していきたいと思います。

 沈黙と歌は、経験や才能に関係なく、声を明瞭にし、声量に幅を持たせたい、コミュニケーションのツールとして役立つ歌い方を知りたいという方、また創造と感情の融合、そして深い沈黙へ続く小道としてのツールとして歌いたいと望む方なら誰にでも、このレッスンを受けていただけると思います。
(Feb 12, 2009)
初の書籍「桜の樹が教えてくれた~いのちを生きるということ」ついに発刊!
スーザンが今一番伝えたいこと。失意の底にあった自分を救ってくれたのは、秋に咲く不思議な桜の樹だった。文と美しい花の写真で綴る再生の物語。
 お近くの書店かサンマーク出版HP経由ご購入ください。
- サンマーク出版 (Nov 15, 2007)
ニューCD「SAKURA~桜の樹が教えてくれた」本日発売
 「さくらさくら」のインタリュードを経て、失意の秋を表す「枯葉」に始まり、再生の「この素晴らしき世界~What A Wonderful World」へ。同名フォト&エッセー集の進行をなぞりながら聴いて欲しい、スーザン初のスタンダード曲集。
 スーザンの解説から:
「余りにも有名ゆえに見過ごしてしまい勝ちなこれらのスタンダード曲。しかし真剣に対峙すれば新たな美を発見出来るのです」
 お近くのCDショップまたは販売サイトでご注文ください。一例としてアマゾンのアドレス掲載します。
 
- アマゾン (Nov 21, 2007)
NHKハイビジョン特集「千の風になって」DVD化決定
スーザンも出演し好評を博したNHKドキュメンタリー「千の風になって」がDVDされます。詳細は右下の「千の風になってDVD」をクリックして発売元サイトをご覧ください。
スーザンの「仰げば尊し」が映画「吉祥天女」の主題歌として使用されます
「吉祥天女」
原作=吉田秋生  監督=及川中  出演=鈴木杏、本仮屋ユイカ
 吉祥天女伝説にまつわる美しく幻想的な作品です。六月全国ロードショウ。詳細は右下の「吉祥天女」をクリックして映画公式サイトをご覧ください。
- 吉祥天女 (May 13, 2007)
Photo by Susan Osborn - Sakura Mandala (Jan 24, 2005)
(Jul 6, 2010)

スーザン・オズボーンの公式facebookページにて最新ニュースを掲載しています

https://www.facebook.com/susanosbornjapan?ref=aymt_homepage_panel

- (Oct 23, 2015)